So-net無料ブログ作成

見える違い [見る]

RIMG02.JPG

◎「自閉症、アスペルガー症候群は立体視していない」
「統合失調症も発症すると立体視が出来なくなる」






病気として親戚筋に居る「統合失調症」と「自閉症」
立体視しないと言う所は非常に似ていますが、
全く違う事があるのです。






それは、自閉症は生まれ落ちてからずーっと自閉症で
あり続ける事に対し、
統合失調症は、正常な「ヒト」として生まれ落ち成長し、
そして、その途中で統合が壊れ病気になってしまうのです。







ですから、彼らは「正常な人が見る世界」と
統合が壊れた後に「病気の時に見る世界」の両方を体験して
いるのです。






この2者の違いは、この「正常」と「異常」の貴重な体験を
しているかしていないかであり、その差は非常に大きな差なのです。




つづく・・・




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。