So-net無料ブログ作成

幸せとの引換え [見る]

「発達障害で感覚過敏です」って
だったら、東京都の臭気判定員とか楽勝だろうね。






妻の目は視力検査では良くても、
本当の所どこまで見えて分かっているのかは分からない。

驚く程人の顔を覚えられない事に対して、
目からの視覚情報も極端に少なそうだと言う事は前に書いた





そして明暗差への極端な反応、さらに光刺激てんかんの話も書いた。






こうやって、事実を書き集め、その関連らしきモノを見つける頃に、
大体ジャマが入るんだ。このブログには入らなきゃイイけど。





さて、目からの情報量が少ないと思われる妻だが、面白い能力もある。
それが、色の分解





色の成分が何か苦も無く分かり、同じ色を再現できる。その例がこれ。
RIMG0146.JPG
これは糸井重里が日本に持ち込んだ本の米国版。
面白いのが、ミニチュアのセットをスタジオで撮影した写真集なんだ。絵本じゃ無いよ。
それを私のリクエストで書いて貰ったのがこちら。
E_1_~1.jpg

凄いでしょ。本人は全然凄いと思っていなくて、簡単に出来ると思ってる。






同じ様なカナー型の自閉症もいる。
IMGP6231.JPG
自閉症児エリーだ。
IMGP6234.JPG





両方に共通するのが、オリジナルの「想像力を掻き立てる」作品では無く、
写真を元に書く事だ。
エリーは陰影をすべて色に置き換えて書き上げる。





面白いと思わない?





不思議とネット住民は全く不思議がらないんだよね。
私には不思議だ。




私もデッサン、つまりアウトラインの書き写しは得意だったが、
色を塗る事が出来なかった。つまり満足に絵の具を使えなかったと言う事だ。





妻が色を見つける様子を見ると本当にマジックを見ている様だ。
「その青は黄色が少し入った青だよ」
「それは白が混じった色だから少し濁ってるよね」
「こっちの青は少し赤がはいってるんだ」






わたしからすれば超能力も、サインバルタを飲んでから、
幸せな毎日と引き替えに、色の分解は前ほど出来なくなったそうだ。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。