So-net無料ブログ作成

お読み下さるみなさまへ

元々は、都通研(東京都障害者通所活動施設職員研究会)で行い好評を博したアクティヴィティでした。

例のスラップ訴訟によって中断を余儀なくされていたものを、ここに復活(復刻)します。
前の8件 | -

部屋の照明 [研究素材(未分類)]

RIMG0119.JPG
「発達障害で感覚過敏です」って大変だろうね。
通勤なんかどうしてるのかね。
会社に行ってから感覚過敏になれれば便利だけどね。


私たち夫婦に、感覚過敏(Hypersensitivity)は無い。
感覚の敏感性(sensory sensitivity)はあるみたいだけどね。







しかし日常生活で不思議な事は多い





先ず日本のお店。異常な程明るい
それも蛍光灯の真っ白シロのピッカピカだ。
目の奥が痛くなる程照明が強い




恐らく、マーケティングデータで照明の明るさと売り上げ比率を持ち出して
誰もが店内を明るくしているんだろう。




しかし、マーケティングはマーケティング。実際とは違う。
あれ程照明を明るくして電気代を使って本当にその分以上儲かっているのか?





米国他外国へ行くと、お店の照明が日本程明るい所は無い
町中のお店になるとOPENの看板が無ければ、休みだと思ってしまう。
誰もあんなビッカビカの中で働いていない。





部屋の照明だってそうだ。
日本のビジネスホテル他ホテルは全般的に照明が暗い




日本では、ホテルの照明が暗くて珍しいが、
外国へ行くと、ドコの家もホテルぐらい暗い
必要ならスタンドを点ける。




日本の家の様に、日本全国どこもかしこもビッカビカ
真っ白シロでビッカビカの家は無いよ。
韓国の家も明るかったけど日本程では無い。
みんな平気なんだね。






私たちは感覚過敏じゃ無いが、
あの真っ白シロのビッカビカが嫌なので、
照明は電球色ホテル並に暗い




スタンド照明もあるし、それぞれに天井照明だって付いてる。
必要な時に点けるだけで普段は点けない。




その代わり、電灯は夜になれば点けっぱなしで、
部屋へ行ったら点ける出る時は消す、なんて事はしない。




その為にすべてLED電球に変えているから、
全照明を足しても100wは行かない筈。




部屋の異様な明るさは私たちにとって非常に気になる事だが、
「発達障害で感覚過敏」の連中は気にならないのだろうか。






気にならないんだろうな。それらしいヤツ見た事無いモン。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

幸せ潰し [研究素材(未分類)]

「発達障害で感覚過敏です」そんなネット住民には
日本発達障害ネットなんかがピッタリだね。





妻のトールペイントは、突然始まった四十の手習いだ。
何がきっかけなのか私は知らないが、なにやら自分で道具を集め
コソコソ書き始めた。
hallow.JPG
これは、初めの頃書いた作品で、技術的な所は込み入ってないモノだけど、
とても素人が始めたばかりの作品とは思えない。




トールペイントは手本が大事で元が良ければ出来上がりは保証される、まず手本探し。
上手い人の絵じゃなければ、ゴミを作るだけだ。
アメリカ人が書いた本も買ったな。





この作品、前回の作品を見ても、出来上がりの完成度が高い事は分かるだろう。
エリーが写真を見て絵を描くのと同じ様に、妻も手本、つまり平面のモノ
書き写しているだけなんだ。




ちょっと省略して話すが、立体を見て平面に書くという「絵画」ではなく、
平面を平面に書き写すと言う作業なんだ。




立体を見ると言う作業を省略して、平面を見るだけだから、
非常に「楽に」作業が出来る。
絵を描く事に対して、「立体を見る」と言う作業負担が無く、
ただ書く事に専念出来る。
と言う所が重要なのでは無いかと思う。





だから、本人も「楽しい」とは言わないが、次から次へ描くモノを探すのだ。





そうこうするうちに、自分のライティングスペースも確保した。
絵描き.jpg

この頃は大森に住んで、細々とお客さんも居て、アスペルガー症候群の診断も下りて
抗うつ剤も処方され、人生で一番の安定を得る事が出来た時期だった。





しかし、組織の力というモノは、本当に凄いモノだ。





そんな生活はあっという間に壊され大森から駆除されてしまった。
私からすれば、彼らにこそ組織犯罪処罰法が適用されないかなと思うけど
絶対そうはならない、何故ならその法律は彼らが作ったから、
彼ら自身は適用外なのだ。




日本はそんな国なんだな。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

幸せとの引換え [研究素材(未分類)]

「発達障害で感覚過敏です」って
だったら、東京都の臭気判定員とか楽勝だろうね。






妻の目は視力検査では良くても、
本当の所どこまで見えて分かっているのかは分からない。

驚く程人の顔を覚えられない事に対して、
目からの視覚情報も極端に少なそうだと言う事は前に書いた





そして明暗差への極端な反応、さらに光刺激てんかんの話も書いた。






こうやって、事実を書き集め、その関連らしきモノを見つける頃に、
大体ジャマが入るんだ。このブログには入らなきゃイイけど。





さて、目からの情報量が少ないと思われる妻だが、面白い能力もある。
それが、色の分解





色の成分が何か苦も無く分かり、同じ色を再現できる。その例がこれ。
RIMG0146.JPG
これは糸井重里が日本に持ち込んだ本の米国版。
面白いのが、ミニチュアのセットをスタジオで撮影した写真集なんだ。絵本じゃ無いよ。
それを私のリクエストで書いて貰ったのがこちら。
E_1_~1.jpg

凄いでしょ。本人は全然凄いと思っていなくて、簡単に出来ると思ってる。






同じ様なカナー型の自閉症もいる。
IMGP6231.JPG
自閉症児エリーだ。
IMGP6234.JPG





両方に共通するのが、オリジナルの「想像力を掻き立てる」作品では無く、
写真を元に書く事だ。
エリーは陰影をすべて色に置き換えて書き上げる。





面白いと思わない?





不思議とネット住民は全く不思議がらないんだよね。
私には不思議だ。




私もデッサン、つまりアウトラインの書き写しは得意だったが、
色を塗る事が出来なかった。つまり満足に絵の具を使えなかったと言う事だ。





妻が色を見つける様子を見ると本当にマジックを見ている様だ。
「その青は黄色が少し入った青だよ」
「それは白が混じった色だから少し濁ってるよね」
「こっちの青は少し赤がはいってるんだ」






わたしからすれば超能力も、サインバルタを飲んでから、
幸せな毎日と引き替えに、色の分解は前ほど出来なくなったそうだ。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ピカチュウ [研究素材(未分類)]

RIMG0135.JPG
「発達障害で感覚過敏です」って大変だね。
私たち夫婦は診断済みだが、感覚過敏(Hypersensitivity)は無い。
感覚の敏感性(sensory sensitivity)はあるみたいだけどね。





もうずいぶん前になるんだけど、テレビ東京でピカチュウが大ブームの頃
テレビ放送を見ていたら、子供がてんかんを起こしたと言う事件があったんだ。




それは、アニメの光の点滅があまりに激しくて、その光刺激でてんかんを引き起こした。




以来、アニメの明暗の激しい差について規制が掛かったんだ。




実は、その当日、その番組を私たち夫婦も見ていたんだ。
午後6時位でどこも見る番組が無い。それでピカチュウを見てたんだな。
まあ、それ位良く出来た番組だったんだ。




見た後、妻が「何だかイライラする」ってうろついているんだよ。
何とか夜になって、落ち着いて寝たんだけど、
その後、報道を見てすぐ思い出した




あっ!この番組見た!あの日もの凄くイライラしてなんでこんなに
イライラするのか不思議だったんだ!あのテレビのせいだったんだ!」




妻はもう大人で40過ぎだったからその程度で済んだけど、
子供の頃だったら光刺激てんかんを発症していたかもしれない。




光刺激てんかんは、番組上の明暗反応で起きた。
そう言えば、妻は冬の日差しが差すと「まぶしい、まぶしい」をくり返す。





以前書いたが、これは部屋の中の明暗差に反応しているのでは無いかという、
私の仮説の解説だったが、ピカチュウの話を思い出すと、
冬の日差しの明暗差が子供達の光刺激てんかんに通じる刺激を与えると考えると
あれ程反応するのも、理解出来る。





「感覚過敏ごっこ」はさて置いて、
現実の感覚の敏感性(sensory sensitivity)を調べていけば、
やがて原因を発見出来る





いつかその日が、その話が自由に出来る日が来て欲しい





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ガラスを引っ掻く音 [研究素材(未分類)]

RIMG0070.JPG
「発達障害で感覚過敏です」
背中のタグ気になった事あるでしょ?誰でも1度はあるよね。
希に発達障害の人も背中のタグのネタを書いている。感覚過敏だからね。

それで感覚過敏って言うけど何が過敏なんだっけ。
音に過敏イヤーパッドをするんだっけ。




でもね、1度でもイヤーパッドをしてみれば分かるけど、
なんかLPレコード片面我慢するのが精一杯
先ず、耳全体を覆うだろ?
耳の後ろ側をパッドの皮がすれるし、ほほもパッドの皮が密着してすれる。
耳は汗ばみ、耳全体が湿気の中ずっと居るんだ。とても我慢出来ない
感覚過敏の人は耳周りの感覚は超鈍感なんだね。






発達障害と言うけど、ほとんどの人が勘違いしている。
勘違いのまま発達障害をやっている人が居るから不思議だけどね。






発達障害、つまり発達の障害というのは、
標準的な成長に対して成長の速度が極端に遅いと言う事で、
成長しないと言う事では無いんだ。







例えば、誰でも経験がある事。
小学一年生になり、学校で黒板に字を書く時、キーとかキュキュッとか言う音、
窓ガラスを爪で引っ掻く音は、なんだか耳の奥がむず痒くなって
みんなで騒いだろ?






あのむず痒い音も、いつしかそれ程気にならなくなる






それは、小さな子供の頃は、聴覚神経と痒くなる神経が隣り合っていて
関係し合うけど、それが成長し身体が大きくなると、神経間の距離も開き
相互に関係し合いにくくなる






これが「成長」と言う事なんだ。







発達の障害の子供達も同様だ。成長が遅いだけで成長しているんだ。







ところが、「発達障害の感覚過敏」の人達は成長せずに、
子供の感覚過敏そのままコピーした様に大人に当てはめられている。






私に言わせれば、それは「演じている」と言う事になる。







当然、真剣に感覚過敏に悩む人も居るが、
それは別の病気を疑った方が良い。







発達の障害でも成長するんだ。






但し、生まれつきの四肢欠損の子が成長しても手足が生えてこない様に
自閉症のマインドブラインドネスも成長してもマインドブラインドネスは変わらない。







残念だけど自閉症の部分は、齢をとっても自閉症のままなんだ。







それは、私を見れば明らかだ。






明らか・・かな?




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

音質 [研究素材(未分類)]

RIMG0093.JPG
「発達障害で感覚過敏です」って言ってもニキリンコみたいに、
他人が居る時だけ「ギャー」っと叫んで耳をふさいでしゃがみ込んで
普段は義理の両親とイイ嫁旅行に出かけられる人は便利だね。






残念ながら、私は生まれつきの自閉症、アスペルガー症候群だから
他人が居ようがいまいが、ヒトに見てられようがいまいが関係無い。
生まれつきだからしょうが無い





テレビ放送の音作りのヒドさは書いたが、音質という問題もある。






むかしオーディオブームと言うのがあって、アンプだのスピーカーだの
色んな種類が次々と新発売。そして売れまくった。






オーディオと言うとスピーカーを買い換えると言うのが、音色が変わるので
一番分かり易く素人受けもしたが、本質は歪みとの戦いだった。






不思議な事に、楽器をやっている人間でも、オーディオの音に鈍感な人間と
非常に敏感な人間がいた。
ザックリ言うと、ミッキーマウスみたいに耳が立っている人は敏感だね。







WindowsXPの時代、パソコンのちゃちなスピーカーから出る音の素性が、
非常に良くなり驚いた。歪みが少なくなっている事が一目瞭然。






ただ、当時パソコン本体から音を取り出すインターフェース、つまり内蔵アンプだったり
イヤホンジャックから音を取り出すだったりの方法が確立されておらず、
歪みの無い音源から、歪み無く取り出すのは高価で面倒クサかった。






Windows7になる頃には、ようやくその手法が確立してきて、安価に取り出せる様になったが、
今度はWindows自体の音源処理がプアになり、音質が非常に悪くなった。







一部のマニアから文句が出たせいか、その後改善され、今は非常に良い音源が、
Windows上で処理されそのデジタル出力を安い中華アンプで再生すれば、
1979年、今から40年前に50万円位掛けて揃えたオーディオセットと同程度の音が
3万円のセットで再現できる様になった。






ところがだ。先日Win10の最新バージョンに合わせ、アマゾンミュージックの再生プログラムを
インストールして再生してみたら、先祖返りしてWin7当時の悪い音で聞けない





Calm Radio と言うインターネットラジオは相変わらず高品質の音質で変わらないから、
これは明らかにアマゾンミュージックソフトの問題である事が分かる。





きっと「発達障害で感覚過敏」の連中も怒っているだろう。





本当か?




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

音に対する敏感性 [研究素材(未分類)]

RIMG0094.JPG
「発達障害で感覚過敏」発達障害かどうかは分からないが、
感覚過敏の人はいる。中にはイヤーパッドや耳栓が必需品と言う人も居る。

ただ、これらの人が身近に居たら、アナタの知る療育施設、支援施設に居たら、
とにかくどんな手立てをしても、医者に来て貰ってもイイから、
精神科医に診て貰い取り敢えず薬を処方して貰わなければいけない。





何故なら、彼らの病気は放っておくと脳細胞が壊れ、やがて
薬の効きが悪くなる可能性が高いからだ。
発達障害と言っても放置して良い病気では無いのだ。






鼻や耳が特別に敏感な犬が、日常鼻栓や耳栓を必要としない様に
感覚の敏感性があるかも知れない私はイヤーパッドを必要とはしない








しかし、音については色々言いたい事がある。
出来れば「発達障害で感覚過敏」の連中に指摘して貰いたいのだが、







とにかく、日本のテレビはウルサい。騒々しい
昭和の時代から、アメリカ映画の字幕版と、吹き替え版と
音が極端に違うのが本当に不思議だった。







字幕版は反響音も豊富で音全体がフラット
吹き替え版は狭い帯域の音がやたらと強く強調され耳障り







最近では、海外のテレビドラマが多くネット配信されているから、
誰でも分かるだろう。
ニュースでもバラエティでもすべてそうだ。







コマーシャルは特に非道く、音量の制限がされているから、
少しでも目立つ様に、中域だけを極端に盛り上げて、全体の音圧を下げて、
騒々しい音作りで注目を得ようとしている。






「発達障害で感覚過敏」なら先ずテレビ放送の適切な音質を
テレビ局に要求してくれよ。人数が一杯居るんだから。





私も妻も地上波はやかましくて見ない。






お店の騒音もそうだ。
今の場所は、それ程非道い店は見当たらず、ドコも常識的な音量だ。
しかし、都内は非道かったね。
客が居ないのに大音量のドラッグストア。気が狂ってるよ。







私たちも余りに非道い時は、お店に注意した事もあったけど、
発達障害で感覚過敏」で知能が高いんだろ?
人数も多いんだから、耳栓してないで、お店に働きかけてくれよ。






「発達障害で感覚過敏です」って言う話ばかりで、こう言う
具体的な、リアルな話読んだ事無いから信用できないんだよな。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

味覚 [研究素材(未分類)]

IMGP5559.JPG

「発達障害で生きづらい」
ネットでは誰もが同じ話をする。そして当事者会に参加を促す。
彼らは全員ニキリンコの行動と同じ行動を取るのが本当に不思議。
特にサングラスとイヤーパッド。こうなったら、要注意
別の病気だから一刻も早く精神科へ連れて行かなければならない。





感覚過敏も発達障害であれば無ければいけないらしいが、
私には感覚過敏は無い。強いて言えば感覚の敏感性はあるかな?





そう言えば「発達障害」の人は味覚の話は言わないね。想像出来ないのかな。
私の舌は味蕾が異常に多い事は書いた。




日本の味の原点は「味の素」にあり、ありとあらゆるモノに入っている。
特に100%と言えるのが、ラーメン。
どこのお店でも味の素の味だ。ただ1軒大井町にあるお店が、古くて繁盛しているのに、
味の素の味がしないサッパリした味。
紹介してくれた人と、味の素が入っているか居ないかは分からないという話で、
大いに討論したものだ。




ただ、私は入っていないと思っている。インスタントはモロ味の素
その他日本の製品は全部味の素が入っている。仕方ないけど。




もう一つは、隠し味としての卵白(卵黄)。
これは、アレルゲンの時には本当に困る。日本製で入っていないモノは極少。
ハムにまで入っているからね。





老舗のハム店や自分の作ったハムが全く別モノなので調べたら、
日本のハムは肉かまぼこ。肉に卵白を注入してプルプルした食感を作り出す。




元々ハムって肉だから、柔らかいビーフジャーキーと言うか、肉だよね。
それなのに、かまぼこの食感肉に求めているんだな。





そんなこんなで、肉の燻製とシャケの燻製を交互に大量に作り、
小分けして真空パック。冷凍保存して毎日どちらかを食っている。




そうすれば、部屋で魚を焼かないから魚臭くならないし、肉もそのまま食える。





その他の食材も日本製は、卵白卵黄が入っていたり、予想以外のアレルゲンが
含まれている食材ばかり。
その点、米国製はシンプルと言うか、やたら調味料(隠し味)が入っていないから
安心して食べられるし、第一味もシンプルに仕上がっている。
味がシンプルと言う事は、実は美味しいと言う事なんだな。




だから、我が家ではメインでコストコの食品を食べている。
ただ、アメリカとの貿易戦争で、アメリカの豚肉が入らなくなり、
カナダの豚肉になった。
恐らく、日本で言うSPFブタの種類の生産と精肉の一貫プラントだと思うんだけど、
肉質が日本人好みの柔らかく色が薄くなったのでガッカリ。





以前の米国産は、肉質がガッチリしていてドリップ落ちも極端に少なく
非常に良く管理された肉だったんだけど、それは仕方ない。




こんな感じで、食い物の話をさせれば、何日でも話すけど、
だからと言って「配慮して下さい」なんて事は絶対言わない。




嫌なら食わないだけだ。
マズくても食わなきゃいけない時は我慢して食う。




ただ、どうせ食うなら美味いモノを食いたいし、
マズいものは食わない方がイイと言うだけだ。




感覚の敏感性と「生きづらい」「配慮しろ」とは絶対結び付かないんだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の8件 | -