So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

お読み下さるみなさまへ

元々は、都通研(東京都障害者通所活動施設職員研究会)で行い好評を博したアクティヴィティでした。 例のスラップ訴訟によって中断を余儀なくされていたものを、ここに復活(復刻)します。
前の6件 | -

よみかきそろばん

日本は江戸時代の長い太平に多くの文化が根付いた。


その一つが「読み書きそろばん」。
士農工商と言われた中で、都市生活者でもあった商人には絶対必要だった「読み書きそろばん」。


都市部で、読み書きそろばんが出来ないと、寺子屋など無い地区の農家を揶揄して「山だし」、
それ以外なら「馬鹿」と言われた。


それでも、出来ないなら出来ない無りの仕事もあったし、生活も出来た様だ。

寺子屋文化は今も続き「読み書きそろばん」信仰は強烈で、故に日本での識字率は98%?
を誇る。


一方、日本以外の国は読み書きそろばんを信仰していないから、識字率も上がらない。
そして、明確に出来ない人が居る事を認識しているから、LD(学習障害)として医学的な見地からも
教育学上の問題としても理解が進み、それなりの対処もされている。


日本では尺八、それが欧米ではクラリネット。
欧米人は使えるモノなら何でも使う。役に立つならどんな道具でも使うが、
日本人はひたすら竹のまま利用しそれを使いこなす事を良しとしている。



だからポケット電卓が出ても使わせないし、タブレットがあるのに使わせない。
理由は簡単。

電卓が無い時困るでしょ?タブレットの電池が切れたらどうするの?



それは当事者本人が、その時何とか解決策を見つけ出せば良いだけで、教師の問題じゃ無い。



いろいろ突き詰めて考えると、何も物資が無い、第二次世界大戦の南方の戦場に降り立った時、
暗算が出来なければ方位も計算出来ないし、集合時間を逆算する事も、必要な砲弾の数さえ言えない。
一兵卒として役に立てないだろう、と言う思想が未だに尾を引いている様に思える。



日本の学校では、今でも職業戦士なのか、便利な工員なのか、便利な店員を作るための教育を
しているんだな、と60を過ぎた私は考えている。



クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

暗黒の20年

突然2000年から始まった発達障害運動?「ニキリンコプロジェクト」

自閉症のこども達、特にアスペルガー症候群の子供の環境が改善され、
自閉症の理解が進み、その事からカナー型のこども達にもノウハウがフィードバックされ、
酒鬼薔薇聖斗や私の様に壊れた子供が減る事を期待したが、

現実は、自閉症にとって暗黒の20年
自閉症に関わる事は何の進歩も見られなかった。


では、同じ様に付け足し程度の取り上げられ方のLDホンモノの学習障害はどうだったか。

LDと言えば、
世界自閉症デーを発達障害啓発週間にすり替えられ「発達障害」中心デーにスリ変えられた様に、
やはりホンモノの学習障害については置き去りで、知能障害はLDだ、にスリ変えられてしまった。


知恵遅れ、今は何というのか知らないが、
魯鈍から、知恵遅れ、精神薄弱、精神遅滞、今は知能障害か?長く続く言葉狩りの歴史。

その恒例行事にLDという表現だけが取り込まれ、ホンモノの学習障害は蚊帳の外。



私が知る限り、成果はそれだけで、ほとんど学習障害の深刻な問題について語られる事も
マスコミで取り上げられる事も無かった。


ところが、マスコミで発達障害学習障害の能書きだけ取り上げられる事に、業を煮やした親たちが
ついに立ち上がった。
私もこんな、リアルな現実問題を世の中に問う集団を見たのは初めて。

それが、
[コピーライト] 一般社団法人読み書き配慮 2018

ちょっと覗いただけで、リアルな、当事者の問題について正面から取り組んでいる。


こんな集団組織なら信用出来る。これがに創価学会に属するグループだとしても大いに支持する。
なぜこんな問題が20年も放置されていたんだろう。

ホンモノの学習障害のこども達にとっても暗黒の20年だった様だ。


政府の要人は何をしていたんだ?

クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

「つきまとう影」 あとがき [2004年 都通研 冊子「つきまとう影」]

Scan0060.jpg

妻が書いた「つきまとう影」を最後まで読んで頂き有り難う御座いました。


私が書くモノは、「飛びすぎて解らない」と言われる様に、過剰な省略が特徴です。
コミュニケーションの障害はこんな所にも否応なく出てしまうので、
なるべく面倒くさがらず、省略せずにしつこくしつこく説明しようとしていますが、
意図した様に伝わらないと初めから諦めている所もあります。

だからこそ、ブログ上でも何度も何度も同じ事を、何とか普通人にも分かる様に、
形を変え、書き方を変え伝えようと書き続ける事になります。



妻は私とは全く別で、文章は推敲に推敲を重ね、伝えたい事に伝えたい事を重ね、
結局、一部の隙も無い程詰め込んでしまうので、結局「大変解りにくい難解な文章」になります。



今回、何度も何度もブログ削除の憂き目に遭ってきた文章を、再度復活させるにあたり、
もう一度妻の文章を見直しながら、少しでも理解し易い様にレイアウトに余裕を持たせ、
さらに、私自身も妻の文章の内容をかみ砕きながら、考え、読み込みました。



ハイパーレキシアの私は、文章を素早く読み込み解った様な気になってしまうのが欠点です。


再度時間を掛け、じっくり「つきまとう影」を読み、すでに2004年には自閉症の事を
こんなに解っていたんだと、本当に驚きました。


何故なら、その後も毎日の様に自閉症の事を話し合い、考え続けて、最近ようやく導き出した
と思っていた事柄も、すでにこの時期に「分かっていた」事を改めて認識出来たからです。


しかし、2004年にはもう「分かっていた」としても、本当に「解っていた」かどうかは疑わしく、
じゃあどうなったら「判った」事になるんだ?とまた別の疑問が湧いてきます。


つまり、結局私は自閉症の事が「分かった」のが「解った」が本当に「判った」のでしょうか。



誰か教えて下さい。そうすれば、ブログも書く事も無く楽になれるでしょう。(ホンマカイナ)

クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

「つきまとう影」11 都通研 美代子冊子 [2004年 都通研 冊子「つきまとう影」]

2004年 7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演冊子11
                                  
この話は、都通研口演会で配布した内容です。ブログでも公開したのですが、何故か再三の
ブログ強制削除の対象になった文章です。改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症つまり
アスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く解説する事に
します。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・続き

しかもくやしいことに、その返答聞いてようよう一年後にしか出てこないのです!



ちょっと別の角度から自己意識の事を書きます。 



自閉症ドナ・ウィリアムズの内部世界には、
三人のわたし(ドナ、キャロル、ウィリー)がいる書いてあります。



私にもこれに相当する三人がいます。しかしドナのあの書き方では重大な誤解を招きます。
(ご存知ない方、申し訳ない)



正常な人には、まるでドナが「役割演技」のように、
三人のキャラクターを意識して使い分けているように読めてしまいます。


ごっこ遊びすら出来ない自閉症に、超高難易度の「役割演技」など出来ません。 



しかし正常な人にとって「感情移入」という手法は日常的であり、その際
ドナの三人と、正常な人自身の「役割演技」とを混同してしまうのです。 



ドナの中の三人とは、実は成長に関わった三大情報元を意味します。
単なる情報の擬人化なのです。 



人は字義通りにしか受け取らない事を、自閉症のお家芸のように言いますが、
正常な人はこれまた自閉症の人のオリジナルな「比喩」を、字義通りに受け取り
お互い立場が180度逆転してしまうのが、本当に不思議です。 



私の三人とは、
   自閉症の私(=生物学的な特徴からくる私)
    正常な私(=学校教育によって作られた私)
    大人の私(=成熟した知性を持つ私) 



一応、仮にこう擬人化してみただけで、
ドナのように情報元にわざわざ固有名詞をつけようとまでは思いません。



この三人は、恐らく「ココロ」が正常に発達すれば矛盾なく解け合って
自己意識(=私はこういう人間、なぜなら私は・・)
として形成されるべき、部品に相当し、

これが部品のまま一度も完成されず
ルーズなコロニー状態のまま成長せざるを得なかったのが、
ドナや私などの自閉症だと考えています。  



では早速、コロニー状態の三人を使って
あなたは自閉症じゃないと思う』という発言をサンプルに、
これが自閉症の私の内部世界で、どう情報処理されるかをご覧下さい。



まず「自閉症の私」は、これを聞くと
『私は自閉症ではない』と言われたことをストレートに信じます


 
この発言が客観的な事実ではなく
単に発言した人の「ココロ」が「思った」事だということが、
自分に「ココロ」がない為、理解できないのです。



「正常な私」も出自は自閉症ですから、聞けば
『やっぱり私は正常だった』と、ストレートに信じます



但し「ココロ」の教育を叩き込まれた為、これに理由付けします。
四苦八苦した挙げ句『自閉症に詳しい人がそう言ったから』などという、
幼稚な理由が選ばれます



この辺りが「正常な私」の限界です。
正常な子と違い、「気持ち」を手掛かりにできませんので、
理由付けは無機質で因果論的になります。



「大人の私」の知性は、自閉症の影響は受けません

「詳しい人がそう言った」などという理由では納得しません
断固『私は自閉症である。正常ではない』と言い張ります

科学的客観的な裏付けを、延々と列挙します。
特に非科学的な「正常な私」は、こてんぱんにやっつけられます。


とは言え、根は自閉症で「ココロ」がない為、発言に「気持ち」という
強力なバックアップが得られずイマイチ「大人の私」の発言に自信が持てません。



ここから恐らく自己意識(すなわちその人独自の情報選別システム)がある人とは
異なる情報処理が始まります。 



自己意識のチェックを受けない情報は、乱戦状態になります。
何を採ったらいいか解らず、やむを得ず一番公平な多数決にならざるを得ません。



上記で言えば集票の結果2.3対0.7位でしょうか。
『私は自閉症ではない、正常である』が採択されました。



一見公平な結果ですが「私たち」は三人三様のフラストレーションに陥ります。
なぜなら「私」は歴とした自閉症だし、それこそが真実だからです。 



「自閉症の私」は先ほど言った通り、機能レベルが高く言語を獲得していますから、
ギャーと叫んで頭をぶつけるといった表象にはなじみません。



かといって、ここまで複雑な内面に於ける「何か」
抽象化、概念化、言語化する能力もありません



「正常な私」は学校教育の中で過ごし、
この場が最早「カエル」などという一言では、脱出不可能な場所である事を知って、
無気力になっています。
しかし帰れる場所を探すことを諦められません



大人の私」だけが『あの発言は真実ではない』という事をどうやってあとの二人に
説得すればいいのか?と、延々思考状態こだわり)に陥ります。



ついに待ちに待った答が出ました。


   『説得する必要なし、あれは真実である』


なぜならあの発言は真実」だからです。



発言した人の「ココロという表象」於いては、バリバリの真実だったのです。
実に単純明快な理屈です。




なんだ、そんな事ならとっくに知っているゾ!



まさか!
ではは、既に解けている謎ひたすら解き続けている状態だったのか?

   ひょっとしてこれが「こだわり」なのか???
   解けた事が認知できないだけだったのか???
   そしてそれを永遠に認知出来ないのが自閉症なのか????


 
   『彼女の「ココロ」の中の私は自閉症ではない』
などと、そんなややこしい事、認めようにもこの自閉症の脳が許してくれない


   『世の中そう言う事だってある』
飲んで歌って忘れる事もできない


   『ですよね~』
と、妥協したフリをすれば、ヒトとしての尊厳の危機に陥る・・・・・・では、では、




あの、私の「何か」ヲ「テイク&テイク」の何某

 { 「優秀なアスペルガーである(と思い込んだ)私があなたのココロを代弁します、
    なぜなら私は…」と発言する障害者の超合金バトルスーツを着込んだ宇宙人のヒト }

  が繰り出す
  超ややこしい{心「ココロ(心)ココロ」心}式マトリューシカ型多重構造
  「ココロという名の夢爆弾」が放つ、目に見えないドリーム光線を、
  四年もの間浴び続けた着ぐるみの私の脳は、
  一体どういうメカニズムで破壊されて行ったのか?

  迎撃手段はあるのか?ない・・・理論的にない・・・絶対に有り得ない!・・・ 
 



と言いつつ、最終兵器・SSRIを装填し、「こだわり」に再突入するのみ。



(つづく)        死ぬまで















・・・終わり(徹 2018/12/08 加筆)
クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング
picasso.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

「つきまとう影」10 都通研 美代子冊子 [2004年 都通研 冊子「つきまとう影」]

2004年 7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演冊子10
                                  
この話は、都通研口演会で配布した内容です。ブログでも公開したのですが、何故か再三の
ブログ強制削除の対象になった文章です。改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症つまり
アスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く解説する事に
します。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・続き

実は逆なのです。
私に言わせれば、殻をまとっているのは、むしろ正常な人の方なのです。




今からそれをご説明します。



自閉症以外の人は誰でも外側に「自己意識」という強固な要塞があり、
これで外界の刺激から身を守っています。



この要塞は「ココロ」が作り出す

   『はこれが好き、これを選ぶ。なぜなら』
   『はこれが嫌い、これは拒否する。なぜなら』
   『がこれを諦めたのは、きっと~だったから』
   『こうしたのは、多分~だったから』等々



といったもの集合体で出来ています。
この選択基準の差こそが、すなわちその人の個性です。



極端に厚い人もいれば、ペラペラに薄い人、中には歪んでいる人もいますが、
大体は程々の厚さです。



はこの要塞の内側で、居ながらにして「好き」なものだけを取り入れ
嫌い」なものは拒絶します。


結果、そこは自分が自分でいられる安全な基地となります。



やむなく外界に出るときには、この要塞の基本性能を有した、いわば外出用バトルスーツ
まといます。



これが「役割演技」です。



内部環境要塞と同等に保たれ、外部刺激マイルドにコントロールされています。 



ちょっとあなたの要塞の中のワードローブを覗いてみて下さい。


隅っこに、ごっこ遊び=役割演技の子供版、将来の予行演習)の時に着た、

ウルトラマンやら、小さなお母さん、お巡りさんのバトルスーツがありますね?
同じくバトルスーツを着込んだ友達と一緒に楽しく遊んだでしょう?



はこのバトルスーツに守られ、それ越しに、同じくバトルスーツを着た人と、外界でガツンガツン
優雅に「ココロ」をぶつけ合っている訳です。 



自閉症にはココロ」がありませんからこの要塞、自己意識が作れません


いわば、なま身が剥き出しで、外界の強い刺激に晒されている状態です。



これでは堪らないので、仕方なく人工的な要塞を築きます。


例えば
外界との接触を断つ直接間接共に人としゃべらない
「ココロ」があったなら標的としたであろう物(当然「気持ち」と「理由付」とを二つながら欠く)
常に手に持つといった、
要塞には程遠い垣根程度のささやかなものです。



バトルスーツなど見たこともありません。
あちこちで拾い集めてきた型紙で、見よう見まねでこしらえた、外出用の粗末な着ぐるみを着て、
恐る恐る出掛けるのです。



すると「近所の隣人」のバトルスーツを着た人がさっそうと寄って来て

『ダメよ、家にこもってばかりいちゃ』とか、
『あなたは自閉症じゃないと思う。現に私だって云々』とアドバイスされます。



私は、
『てやンでぇべらぼうめ、バトルスーツ着てむき身の自閉症に喧嘩売ってンじゃねぇやい、
 こちとら着ぐるみでいっ! ちったあ手加減しやがれ』


と、すごんで見せるのですが、
笑顔が固定された分厚いかぶりもので、声はくぐもり、手には風船と、まるで迫力に欠ける姿です。



しかもくやしいことに、その返答聞いてようよう一年後にしか出てこないのです!

続く・・・
クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング
Scan0058.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

「つきまとう影」9 都通研 美代子冊子 [2004年 都通研 冊子「つきまとう影」]

2004年 7月8日 東京都障害者通所活動施設職員研究会 第2回研修会 講演冊子9
                                  
この話は、都通研口演会で配布した内容です。ブログでも公開したのですが、何故か再三の
ブログ強制削除の対象になった文章です。改めて読んで見ると、私達のレベルの自閉症つまり
アスペルガー症候群の特徴がギッシリ、濃密に詰まっているのでさらに分かり易く解説する事に
します。
本当に極少数のアスペルガー症候群の子供に接し、何か不思議な感覚を確かめたくてこのサイトに
辿り着いたさらに少数の教育者に向けて書きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・続き

でも書きましょう。
   私だって知りたいのです



リストラに遭い、正常なプロフェッショナルの手を借りて結果を出した話の続きですが、
その人は私が経営陣に蕩々と見解を述べた姿を見て、後でポツリと、こう言ったのです。

なぜこんな優秀な人を、会社はリストラしたんだろう?



恐らく、こういう返事になります。



実に簡単です。それはあなたの大いなる錯覚 なのです。私は優秀な人ではありません。
 あなたが、私だと錯覚していた会社員は、過去私が接してきた正常な先輩たちの、
 超高度なエコラリア(反響言語)と、エコプラクシア(反響動作)集大成
 コラージュなのです。
 つまり「彼ら」が優秀だっただけなのです。



 そして、あなたが私だと錯覚した、つい今し方、経営陣を前に蕩々と見解を述べていた
 優秀な私とは、実は夫です。つまり「彼」が優秀なのです。



 本当の私は(つまりこの十年後にあなたと接するはずの今の私なのですが)
 恐らくリストラ対象者の選抜にあたって、手ゴコロの対象になりようのない、
 要領が悪く愛嬌のない人物のはずです。



 異例の抜擢を受けたが為に、周囲にエコラリアエコプラクシアの元になる先輩がまったく
 いなくなり
 さらに立場上未知のビジネスシーンに駆り出される事が多くなり、
 ついに使えるエコラリア、エコプラクシアストックが底を尽きました。



 その為、「意識的」な「正常な人ごっこ」すなわち正常な人であれば、
 社会で日常的に行っている「役割演技」をする必要性が出てきたのですが、
 私は自閉症の為、生物学的な事情でこの「カッコ」で括ったいずれもが出来ないのです。



 私に何らかの取り柄があったとしても、それは「ココロ」なしでは役に立ちませんし、
 「ココロ」があるふりをする事は、ヒトの道に外れる事でした。
 そんなヒトでなしの自分に嫌気がさした私のクビを、会社は慈悲深くも切ってくれたのです。



 つまり、そういう簡単な理由だったのです。
 私はイマジネーション能力に欠ける為、あなたを騙す能力を、生得的に欠いていますが、
 結果としてあなたの「ココロ」を騙す事になりました



 しかし、あなたは何らかの動機付けによって、この大変なお仕事選択され、
 それを果たされた訳ですから、得たささやかな金員を持って、これに報いたいと思います。



 あなたが「ココロ」を持つにも関わらず、「ココロ」に掛けず、
 率直に投げかけてくれた質問に対する答は、こんなところです。 



 しかしこれは、あくまで現時点に於ける、最も有力な仮説に過ぎません。
 そこは、どうか誤解なさいませんよう。



正常な人自閉症の私との会話というのは、情報処理に於ける時間軸が違うため、

又、深い自閉症の知識が前提となる為、残念ながらリアルタイムに双方向的には行えません。 




さて、冒頭近く、地域生活で『あなたは自閉症じゃないと思う』といった発言を聞くや
こだわり」と呼ばれる状態に入ってしまうらしい、と言いました。



ここから、いよいよ「こだわり」の話に入ります。



私がそういう状態にいるらしいとき、人は私にこうアドバイスします。


『どうしてそんな事にこだわるの。いちいち気にしてたら身が保たないよ。
 わかる人には言わなくてもわかる。わからない人には言ってもわからない。
 人ってそういうものでしょ』



非常に難しいアドバイスですが、意訳すると、



情報は時として生体にとってストレッサーになる。
害になると思ったら、聞かなかった事にすればよい。


そして今後の情報の受発信は、互換性のある人とだけ行うべし。
好んで害のある情報ばかり取り込むことはない。



残念ながら、このアドバイス私には効きません
なぜなら自閉症には「自己意識」がないからです。



自己意識」とは、外部世界からの強い刺激をカットする、目に見えないバリアの事です。



人から見た自閉症のイメージは、心の外側に分厚い殻をまとった人
といったところではないかと思います。



実は逆なのです。
私に言わせれば、殻をまとっているのは、むしろ正常な人の方なのです。


続く・・・
クリックお願いします→にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

ご面倒でももう一つ →
アスペルガー症候群ランキング
IMGP1099.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の6件 | -